犬の伸縮リードの危険性

こんにちはフリーランスのデザイナー、赤木デザインの赤木です。

これまで犬の散歩中、何度か伸縮リードで散歩されている犬に、うちの犬が噛まれそうになったことがあります。今回、この伸縮リードの危険性を書こうと思います。

損害賠償になれば1,000万円を越えることも・・・

私も昔、伸縮リードで散歩している時(マルチーズ)、通りすがりのおばあちゃんに飛びつき(犬は喜んで飛びついたのですが・・・)おばあちゃんは転んでしまったことがあります。伸縮リードにはストッパーが付いているのですが間に合いませんでした・・・そのおばあちゃんは「いいのよ、大丈夫よ」といってくれたのですが、もしこの、おばあちゃんが訴えてしまったら・・・

最近、伸縮リードの事故での訴訟が増えてるそうです。この前ニュースで伸縮リードで散歩していた犬が通りすがりの方を噛み、損害賠償1000万円以上の判決が出たそうです。

私も伸縮リードを使っていたのでわかるのですが、犬の反射神経には絶対に勝てません、小型犬にしろ大型犬にしろ、飼い主がストッパーを押すまでに、すでに犬は目標物に到達しています。

伸縮リードはこのようなリスクがあります

  • リードを止められず相手を噛んでしまった
  • 伸縮リードが伸びていて歩行者に引っかかり転ばせてしまった
  • 歩道を歩いていた時にクルマに飼い犬が飛びつき、ストッパーが間に合わず事故が起きた
  • 自転車に乗っている方が伸縮リードが見えず、転倒してしまった

結構、伸縮リードは危険なことがあります。

もちろん伸縮リードではなくて、犬の散歩は危険なことがいっぱいあります。

犬がしてしまったことは飼い主の責任です。人間社会で犬と暮らすには、しっかり飼い主さんが注意しないといけません。

現在私は伸縮リードを辞め体にくくりつけるリードを使用しています。

ファープラスト ナチュラル 多機能リード ブラック 小型犬用 GA 12/200 (W1.2×L120cm)
イタリアferplast社製犬用多機能リード。レザーを使用した本格的革犬具。サイズ・種類も豊富なラインナップ。使い込むほどにオリジナルの風合いが。 ロングタイプ・ショルダータイプ・2頭引きタイプなどつなぎ方次第で使い方いろいろ。■サイズ:W1.2×200cm■適応体重 ~10kg(2頭引きの場合は2匹の体重の合計)※こ...

伸縮リードの正しい使い方

飼い主さんは、愛犬に少しでも楽しく自由にと思い伸縮リードを使用しています。私も以前はこのような理由で使用していました。しかし伸縮リードは街中などではとても危険です。でも人のいない公園や広間などで使用したらいいのです。基本は短い状態でロックを掛けていて、人がいない広場などあればロックを解除すればいいと思います。

まとめ

伸縮リードを使うなとは言いませんが、正しく使用しましょう。犬と人間は共存していけるよう、愛犬が人の迷惑にならないような散歩をしましょう。

赤木 久郎

デザイナー/福岡県生まれ、現在神戸市在中/20年間デザイン事務所を経て2013年よりフリーとして活動しております。チラシ・パンフレット・カタログ・ポスター・dm・バナーなどなど制作しております。 デザインスキルを活かして情報発信していきます。
お仕事のご相談、ご依頼などのお問い合わせは下記のメールアドレスへ
→ akakidesign@gmail.com

赤木 久郎をフォローする
チラシ
スポンサーリンク
赤木 久郎をフォローする
チラシ制作なら赤木デザイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました