フリーランス必見!保険料を安くする!

こんにちは赤木デザインです。

社会人からフリーランスになって国民健康保険が高くてびっくりされた方も多いんじゃないかと思います。国民健康保険は収入によって金額は変化し、また今住んでいる地域により金額が変わります。私の住んでいる神戸市は全国で2位で高い地域でした(T_T)参考にランキングが載っているサイトを載せておきます。

日本は、国内に住所があれば健康保険に加入しなければいけません。会社員の時は、そんなこと何も考えていなかった方も多いと思います。(会社員の時は半分会社が負担してくれます)

そこでフリーランスのデザイナーに向けに「文芸美術国民保険組合」というのがあります。フリーランスのクリエイターの方などを対象にした組合です。

この「文芸美術公民保険組合」(以下、文美国保とします)は、保険料が一律なのです。国民健康保険は年収によって金額が変わります。稼げば稼ぐほど、上限はありますが高くなります。

私の場合は国民健康保険よりも「文美国保」のほうがお得になるということで加入いたしました。(一度、国民健康保険と文美国保を見比べてください。300万円超の方なら文美国保に加入したほうが安くなります。)

文美国保のほうが安くなるのはわかりましたがどうやって加入できるか説明致します。

加入するには加盟団体に所属しなければいけません。グラフィックデザイナーの方なら大体下記の団体です。入会金、賦課金、年会費など各団体によって違うのでhpをご確認ください。各団体のURLを貼っておきます。

1.日本イラストレーション協会(私はこちらに入っています)

2.(公社)日本グラフィックデザイナー協会

3.ジャパンデザインプロデューサーズユニオン

4.東京グラフィックデザイナーズクラブ

私は「日本イラストレーション協会」に入っているのでこちらの入会方法をお話します。

日本イラストレーション協会加入するには?

1.確定申告書のコピー

2.作品のコピー

以上が必要になります。1.ですが確定申告をしていないと入会できません。また、確定申告書の職業欄に「グラフィックデザイナー」や「デザイン業」と表記されていないと加入できないので気をつけましょう。(職業欄は自分で記入できます)(ちなみに私は初め職業欄は自営業となっていたためかななか入会できませんでした)

日本イラストレーション協会加入する費用

1.出資金25,000円

2.加入手数料 3,000円

3.年会費24,000円

4.加入手数料3,000円

以上がかかります。(詳しくはHPを御覧ください)

加入するのに色々とめんどくさい手続きなど必要になりますが、先々のことを考えると加入することをおすすめします。(一度、国民健康保険と比べてみてください。)安くなることもメリットですが、「文美国保」に入っていると「健康診断(3万円くらい)」も無料で出来るのです。フリーランスの方の多くは健康診断されてない方も多いと思いますが、体が資本です!年に1回健康診断を受け他方がいいです。

「文美国保」はいろいろとメリットが多いとお思います。一度考えてみてはいかがでしょうか?

赤木 久郎

デザイナー/福岡県生まれ、現在神戸市在中/20年間デザイン事務所を経て2013年よりフリーとして活動しております。チラシ・パンフレット・カタログ・ポスター・dm・バナーなどなど制作しております。 デザインスキルを活かして情報発信していきます。
お仕事のご相談、ご依頼などのお問い合わせは下記のメールアドレスへ
→ akakidesign@gmail.com

赤木 久郎をフォローする
チラシ
スポンサーリンク
赤木 久郎をフォローする
チラシ制作なら赤木デザイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました