モチベーションを保つ!

こんにちは神戸のデザイン事務所、赤木デザインです。

グラフィックデザイナーってモチベーションでけっこう仕事に影響をあたえます。

デザイナーになりたての頃などチラシなど制作する際、モチベーションが高い時はいいのですが、低いときなど、とても世にだしてはいけないチラシのが出来上がってしまうことがありました。

今は、いろいろモチベーションを保つやり方をみつけ実施しているおかげで、モチベーションが維持できるようになりました。

今回は私がやっているモチベーション維持の方法をお伝えします。(個人差はあります)

ひたすら歩く

人は調子のいい時、悪い時が必ずあります。調子のいい時はすごいいいものができ、なんだか気分が乗らないなという日は良いものがつくれません。

しかしプロですので、できないではいけませんので、気分の乗らない日でも良いものを作らないといけません。

気分が乗らないという時、私はとりあえずひたすら、何も考えずに1時間ほど歩くようにしています。

この歩いてる最中にあまり制作のことを考えないことがコツです。考えそうになる時は早足やすこし走るくらいにペースを上げ、なるべく頭を空っぽにし歩きます。

そうすることで、机にもどった時に頭がリセットされています。

好きな音楽を聞く

歩くことでまだ頭のもやもやがとれない時はイヤフォンなどで好きな音楽を大きな音で聞きます。これで結構無心になれます。

別の作業をする

どうしても乗り気になれない場合などは、ブログを書いたり、作った作品をまとめたりします。

別のことをすることで、頭が切り替わり、また普通の調子に戻れたりします。

それでもだめな時は、何もしない!好きなことをする!

ほんとに調子が悪い時は、歩いても、音楽を聞いてもだめな時があります。そんな時は、何もしない、または、映画など見るようにしています。映画など見ることで制作する時間が無くなる!と思う方もいますが、頭がリフレッシュされ、だらだら作るよりも早く仕上げ、良いものが作れます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

全ての方がこれらのことをして、リフレッシュすることは、ないかもしれませんが、それぞれモチベーションを保つ術があるはずです!

リフレッシュすることは、自分を見つめ直すきっかけにもなります。色々ためしてみましょう!

リフレッシュ方法をみつめることで、グラフィックデザイナー人生が、長くやっていけると思います。

赤木 久郎

デザイナー/福岡県生まれ、現在神戸市在中/20年間デザイン事務所を経て2013年よりフリーとして活動しております。チラシ・パンフレット・カタログ・ポスター・dm・バナーなどなど制作しております。 デザインスキルを活かして情報発信していきます。
お仕事のご相談、ご依頼などのお問い合わせは下記のメールアドレスへ
→ akakidesign@gmail.com

赤木 久郎をフォローする
チラシ
スポンサーリンク
赤木 久郎をフォローする
チラシ制作なら赤木デザイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました