多頭飼いは大変か?

こんにちはフリーランスのデザイナーakakidesignの赤木です。

現在、私はマルチーズ(ラッキー・オス・5歳)とボーダーコリー(エマ・メス・2歳)を飼っております。

犬の多頭飼い、憧れる方もいれば、大変じゃない?と思う方もいるかと思います。もちろん大変ではありますがそれ以上に幸せで楽しいです。そこで実際に、多頭飼いはどうなのか紹介しようと思います。

多頭飼いのきっかけ

もともとマルチーズを飼っていて、ドッグフードを買うためペットショップに行った時にエマ(ボーダーコリー)と出会い、ホント衝動で飼ってしまいました。(エマは売れ残っている状態でした。)

先住犬との相性

飼い主の勝手な行動で、1匹で優雅に過ごしていたラッキーのところに、とってもやんちゃなエマがやってきました。エマが来た日から、ラッキーに四六時中エマはつけまわし、ラッキーはとても迷惑だったと思います。 お互い仲良くなれると思っていましたが、すぐにはなりませんでした。相性は、初めあまり良くなかったと思います。数ヶ月、付かず離れずの状態でした。今でもとても仲良くはないですが、少しずつお互い気をゆるし出してきたと思います。

これから多頭飼いをしようと思いの方、もう一匹飼う前に、会わせて相性を見るのは必須ですが、1・2回会わすだけでは相性はあうかどうかはわかりません。なので多頭飼いを検討の方、十分注意(相性があうかどうか)も必要ですが、覚悟(合わなくても対応し飼う覚悟)も必要だと思います。

お留守番でも多頭飼いなら寂しくない?

よく多頭飼いをされる方の動機が留守中に1匹では寂しんじゃないかと思い、もう一匹と思う方もいますが相性が悪いと、お互いにストレスになる場合があります。さらに留守中、飼い主がいない時に喧嘩して怪我をする場合もあります。

最初はラッキーはエマがいることがストレスだったと思いますが、今ではだいぶ改善したと思います。

留守中の様子を動画でとっていたのですがお互い近くで寄り添っているのを見て安心しました。

うちのように初めは相性が悪かっても、段々と気を許す関係になる場合もありますので、気長に様子を見ましょう。

まとめ

多頭飼いをお考えの方、大変なことも多いですが(食費も病院代も倍かかります)、仲良くしている様子を見ると、とても幸せに感じ、2匹と遊ぶことで楽しさも倍になります。

相性が悪いなと思ったら、無理に仲良くさせようと思わず、少しずつ気長にお互いに接し、まずは先住犬を第一に優先しましょう、そうすることでスムーズな多頭飼いライフを満喫できると思います。

赤木 久郎

デザイナー/福岡県生まれ、現在神戸市在中/20年間デザイン事務所を経て2013年よりフリーとして活動しております。チラシ・パンフレット・カタログ・ポスター・dm・バナーなどなど制作しております。 デザインスキルを活かして情報発信していきます。
お仕事のご相談、ご依頼などのお問い合わせは下記のメールアドレスへ
→ akakidesign@gmail.com

赤木 久郎をフォローする
チラシ
スポンサーリンク
赤木 久郎をフォローする
チラシ制作なら赤木デザイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました