4月1日より税込表記が義務付けられています。

こんにちはフリーランスのデザイナー、赤木デザインの赤木です。

4月1日より税込表記が義務付けられました。

お客様から相談を受けたので、その内容の方お伝えしたいと思います。

国税庁の掲載内容。

  • 11,000円
  • 11,000円(税込)
  • 11,000円(税抜価格10,000円)
  • 11,000円(うち消費税額等1,000円)
  • 11,000円(税抜価格10,000円、消費税額等1,000円)

[ポイント]
 支払総額である「11,000円」が明瞭に表示されていれば、「消費税額等」や「税抜価格」が表示されていても構いません。
 例えば、「10,000円(税込11,000円)」とされた表示も、消費税額を含んだ価格が明瞭に表示されていれば、「総額表示」に該当します。

なお、総額表示に伴い税込価格の設定を行う場合において、1円未満の端数が生じるときには、その端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えありません。

おすすめの掲載方法

お客さまの多くは価格を安く見せようと下記のような表記をしてほしいというのですが

私は下記表記の方をおすすめします!

1円でも安くという気持ちはわかるのですが、安く見せようとするより(実際の金額はかわらないのですが・・・)、見やすく、わかりやすく表記したほうがいいのではないかと思います。

さらに価格表記が多いチラシなどはこちらの二重価格はごちゃごちゃして、さらに見にくいチラシになってしまいます。(この前スーパーのチラシで二重売価をしているのを見たのですが、見にくくてしょうがありませんでした)

チラシはわかりやすいものが第一だと思います。わかりやすい価格表記をすることで、お客様はそのお店を信頼し、来店してくれると思います。

赤木 久郎

デザイナー/福岡県生まれ、現在神戸市在中/20年間デザイン事務所を経て2013年よりフリーとして活動しております。チラシ・パンフレット・カタログ・ポスター・dm・バナーなどなど制作しております。 デザインスキルを活かして情報発信していきます。
お仕事のご相談、ご依頼などのお問い合わせは下記のメールアドレスへ
→ akakidesign@gmail.com

赤木 久郎をフォローする
チラシ
スポンサーリンク
赤木 久郎をフォローする
チラシ制作なら赤木デザイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました